ノンノアロマサロンブログ

ノンノアロマサロンの最新情報&アロマダイアリー
TOPスポンサー広告 ≫ 調香講座5回目TOP新着情報 調香講座 ≫ 調香講座5回目

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

調香講座5回目

2ヶ月に1回のペースで行っている調香講座
昨日は5回目のレッスンを行いました。

シトラスノートがテーマ。

シトラスは、≪4711≫オーデコロンが起源と言われています。

1792年10月8日。
ケルンの街で商業を営んでいたヴィルヘルム・ミュールヘンスの
結婚式で、修道士からお祝に
「aqua mirabilis(アクア・ミラビリス)」の調合法が
したためられた1枚の紙を贈られ、
さっそくその製法通りに調合し出来上がった香りがすばらしく、
「これはいける」と直感し事業をスタートさせたそうです。

ドイツ語でケルンの水
ラテン語では信じられないくらい素晴らしい水
という意味があるようです。

1つ目の調香は<シトラスミントの香り>

次の精油を使用しました。
オレンジ・スィート レモン
ペパーミント、ローズマリー・シネオール
ゼラニウム・エジプト、プチグレン


とてもさわやか。
誰もが好む香りに仕上がりますね。

風邪の症状が少し残っていた私の嗅覚を心地よく刺激し、
私も一緒に調香をしました。
そして、夜のくつろぎタイムの友になる香りを仕上げました。
(早々に作った香りで芳香浴をしながら好きな○ドラを見て
休日前の良い時間を過ごさせて頂けました♪)

2つ目は<シトラス・フロリエンタルの香り>
これはシトラスノートに、フローラルとオリエンタルの香りを
加えたエキゾチックな甘みを持った香りに仕上げます。

基調剤:グレープフルーツ イランイラン
調和剤:ネロリ
保留剤:サンダルウッド
ヘッド:レモン


基調剤のブレンド、とても良い香りです。
そこにネロリにサンダルウッド、
良い香り間違いなし!!

≪シーウインド(海風)≫
≪南国の雫≫
出来上がりのネーミングです。
ステキでしょう。

普段イランイランをあまり使うことが少ない生徒さんが
イランイランをたっぷり使われていました。

睡眠中に首の筋を軽く痛められたようで、
体がイランイランを求めていたのでしょうね。
その日の嗅覚はイランイランが心地良かったようです。

やはり、本能に働きかける嗅覚作用を確認させて頂け、
全員で納得!!

その時その時の体調で香りの好みも変わります。
それに応じて調香できること、
すばらしいですね。

過去作成した香水を持参してくださり、
みなさんでその香りを楽しませて頂いたのですが、
アルコールによる熟成がより良い好みに変わって行く。
複数の香りが、それぞれに良い香りになっています。
どれもが個々に違いがあり、使いたくなる香り。

レッスン終了後も香りの余韻でしょうか、
お茶をしながら会話が弾みます。

翌日が定休日の私としては、とてもくつろげる時間でもありました。
来週の日曜日も調香講座2回目があります。
どんな香りができるか、楽しみです♪

NONNOアロマテラピースクール
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

新着情報

<8月のお休み>
月曜日、第3火曜日(19日)
夏期休暇13、14、15日          

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。