ノンノアロマサロンブログ

ノンノアロマサロンの最新情報&アロマダイアリー
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年05月
ARCHIVE ≫ 2012年05月
      

≪ 前月 |  2012年05月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

アロマテラピーに感謝

今日も良いお天気ですね。
朝一番に嬉しい連絡があったりして、
なんとなく良い一日になってくれそうな予感♪

今日は個人的な話になりますが、
19日(土)に母が道路で転んでしまい、
前歯が欠け、右半身がやや強い打撲状態でした。

骨折しなかったことが何よりです。

その日の夜になり、その事の次第を聞き、
ちょっと只事ではないと感じました。

打撲に効果が期待できる、
アルニカオイルにヘリクリサムとローレルを入れて
患部に塗布。


良く朝、腰回りの症状が重く、起き上がれない状態。
昨夜作った打撲用のレシピの溶液を娘の手でたっぷりと塗ってあげました。

塗布してものの数分もたたないうちに、
起きてきて朝食を一緒に取り、
その日の午後には買い物に出かけてくれている状態。

無理しないで!!

21日(月)には楽しみにしている○ーブスで
運動もしてきています。

そして本日(24日)、楽しみにしていた箱根行き。
朝から元気に支度をして出かけて行きました。

なんと嬉しい結果でしょうか。
母も「精油に助けられている」と感謝する言葉を。

ほんとうに我が家にとっては貴重な存在。
そして80歳に手が届く母、いつまでも娘のために頑張ってくれています。
もうちょっと元気でいてほしいです。
そのためにもアロマテラピーに大いにお世話になりましょう。

健康管理に欠かせないアロマテラピー、
今日もよろしく♪ 
スポンサーサイト

苦しみの後の楽しみ

今日は第3火曜日の定休日、昨日から連休を頂いております。
昨日は良いお天気だったのですが、
今日は雨で気温も低め。
お風邪など召さないようお気をつけてくださいませ。

さてさて、土曜日から昨日にかけて変化に富んだ日々を過ごしました。
ちょっとプレッシャーのある講座が3講座重なり、
不安やら心配やらで少々寝不足。

そしてその後にはご褒美でしょうか、
友との楽しい会食が待ってくれていました♪

今回のブログは、グルメ版になりそうです。

12日、アロマ友達お二人との会食。
らくらくエコショップ アロマの教室の石原先生
メディカルアロマテラピーサロンlimettaのリカさん

石原先生の上京にちなんで集合しました。
場所は、新丸ビルのAWキッチン

お野菜が有名なお店で、やはりバーニャカウダがお勧めですね。
その日は満席で、キッチン側の席であったことも含め
雑音が気になりました。
しかし女性3人、雑音に負けじとおしゃべり全開!!

3人はナードの縁。
同じ方向性であるのですが、それぞれの個性があり、
数カ月ぶりに合うまで、それぞれに頑張っていることを実感させられます。
ほんとうに刺激ある人たちです。

あっという間に時間が過ぎ、次回は農場実習で再会を誓いあい解散。

そして、昨日は諏訪のお友達と
茅野にあるレストランディモアさんでランチタイムを楽しんできました。

このお店は、3回目。
最初は20数年前。
お店に入るなり、最初に通された席を覚えていたみたい。
懐かしく楽しい想い出がよみがえります。
そんなところも嬉しいところです。

年数とともに風格というものが漂う店内。
こちらで頂くワイン、ワインの知識がないのですが、
いつも美味しくいただいています。

ランチタイムなので、白ワインを一杯だけ頂きました。
(う~ん、しあわせ)

このお店のオーナーさんを友達が知っていることから
ちょっとしたご配慮もしてくださり、
オードブルは全てのものをちょっとずつだしてくださったり、
食の細い人用に量を調整して下さり、居心地がとても良いです。

テーブルマットが感動的。

味わいのある絵や詩がしたためられています。
その日のテーブルマットは、嫁ぎ行くお嬢様へのメッセージが書かれていました。

小さな美術館とかが多い諏訪。
人の温もりが文化として根づいているように感じられる街。
レストランディモアさんもそれを感じさせて頂けるお店。

ほんの4時間程度でしたが、日帰りできる気軽さ。
また行かせていただきます。

コンプライアンス

ゴールデンウィークも終わりましたね。
この楽しいはずの連休に、バス事故が起こり、
そして最終日には竜巻が発生しました。
両方とも過去例を見ない甚大な被害。
良い想い出を作りたいゴールデンウィーク、
今年は違った印象で記憶に残りそうです。

交通事故から思うこと、
『命の軽視』
業界の生き残るための価格競争。
今回の事故は起こるべきにして起こったところが強いと思います。

護送船団方式から自由化へ。
体力の消耗合戦的なところがあります。

『安くて良いものなのか、悪いものなのか』
『サービスの質』

これを消費者も見抜かなければならないところが強くなりました。

そしてもう一つ、見過ごされないこと。
『これくらいは大丈夫』
この気持ち、多少なりともあるのではないでしょうか。
これが人間の甘えなのでしょうね。

この気持ちの積み重ねが、
意外と大きな過ちにつながって行くことにもなります。

前職では金融機関に身を置いており、
金融庁の検査などいろいろ検査が入る会社でした。

事務の管理部署にいた関係から、
検査対応の都度忙しい思いをさせられました。
そして、そこから見えてくるものは・・・
いろいろありましたよ。

今、アロマテラピーの仕事に身を置き同じように、
『コンプライアンス』を意識しています。
アロマテラピーを直接規制する法律はありませんが、
関連する諸法令の遵守。

レッスンのカリキュラムとしても当然入っています。
しかし、受け留められる温度差から
『これくらいは大丈夫』
の感が出てしまうこともあるのではないでしょうか。
そして、正しく理解されていない場合もあるのではないでしょうか。

その先にある最悪のパターンを想像した時、
責任取れる行動ができるものなのでしょうか。

社会的な立場に身を置くものとして、
生徒さんたちに『これくらいは大丈夫』
という曖昧な考えを排除し、正しく理解して頂くことを
お伝えするようにしています。

堅いような話になりましたが、
人間の気の緩み・甘え、
時として出てしまいます。

だからこそ、コンプライアンスを重視すること、
時として思い出して頂きたい、
そう言う私にも言い聞かせていることでもあります。

NONNOアロマテラピースクール

人それぞれのアロマテラピー

ゴールデンウィーはいかがお過ごしでいらっしゃいますか。
私どもは、昨日が定休日でアロマから離れ、
久しぶりに出かけました。
人・人・人・・・・
やはりどこも人出はすごいですね。

4月もあっという間に過ぎてしまい新緑の5月です。
森林浴の香り、呼吸器系のケアに役立てますね。

私は、特にマツ科が好きで、
アカマツヨーロッパ、ブラックスプルースを多く使っています。

モノテルペン炭化水素類には森林の空気に含まれる
成分が多く含まれ、精油も数多くあります。
緑あふれる森をイメージしながら、芳香浴してみてください。
呼吸器系のケアプラス自律神経の調整も期待できそうです。


話は変わりますが、
生徒さんの体感をお聞きし、とても勉強になっています。
以前にも書いたかと思うのですが、
インストラクターコースのカリキュラムに解剖生理学があり、
ドミニック・ボドゥ博士の処方研究をして、
ご自身で処方を作成して頂くようになっています。

1週間ごとのレッスンで、作成した処方をまとめることも
大変だと思いますが、みなさんしっかりご報告くださいます。

一つの事例をご紹介します。
<循環器系>
血圧上昇作用の期待できる
クローブ、ローズマリーシネオール、ペパーミントを
5%の濃度でマッサージオイルに仕上げ、
首まわりにお使いになりました。

低血圧で朝9時ごろまで体のリズムが取れなかったところが、
香りも良く、嗅覚を通してさわやかさが感じられ、
皮膚塗布との相乗効果から、頭が爽快でした。
との感想を述べられていました。
長年付き合ってきた症状が緩和されたことに
ご本人はとても感動されていました。

別の生徒さんからはサイプレスによる乳房の張りを感じた
ということも出ており、みなさん何らかの体感を通し
勉強して頂いています。

みなさんの貴重な体験、私も目を見張る思いでお聞きしています。
たんに使用するというだけでなく、
体感をまとめるという気持ちから、
感覚がアップしているのでしょう。
勉強というプレッシャーも大きいところでしょうが、
体感する喜びも同時にあるように感じられます。

生徒さんそれぞれの実践の積み重ね。
貴重なものになること間違いなしです。
頑張って続けてくださいね。

NONNOアロマテラピースクール
新着情報

<8月のお休み>
月曜日、第3火曜日(19日)
夏期休暇13、14、15日          

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。